日本で受けられるの?

日本でも卵子提供を受けることは可能

第三者から提供を受けた卵子と配偶者の精子を受精させ、その受精卵を子宮に移植することで妊娠を目指す方法が卵子提供です。日本でも、条件を満たすことによって卵子提供を受けることができるようになっています。対象となるのは、50歳未満で早発性卵巣機能不全や卵巣摘出などの原因で卵子を作ることができない人、6回以上の体外受精を繰り返しても妊娠できない人です。この条件を満たす人であれば、日本国内でも卵子提供を受けることが可能となっています。ただ、実際に治療を受けるためには審査やカウンセリングなどが必要です。審査を受けてから治療が始まるまで1年以上の期間が必要となることも多いため、卵子提供を受けたい意思がある場合は早めに申し込みをしておくほうが良いでしょう。

日本と海外の卵子提供の違い

日本と海外の卵子提供の大きな違いは、加齢による不妊が対象になるかどうかです。年齢と共に妊娠が難しくなる原因の一つに、卵子の老化があります。老化した卵子を若返らせることはできませんが、若い第三者から老化していない卵子の提供を受ければ、妊娠の確率を高めることができます。海外では高齢出産の問題を解消するために卵子提供が行われることが多いのに対し、日本では加齢を理由に卵子提供を受けることは認められていません。さらに、海外では卵子ドナーは若い女性と限られているのに対し、日本では原則35歳未満とドナーの年齢も高く設定されています。一定の条件を満たせば、日本でも受けることができる卵子提供ですが、海外との違いを知っておくことも大切です。